おおよそ日本各地の契約店舗でいずれかのクレジットカード

ショップで全てのクレジットカードが切れるのでもない◇クレジットカードの加入店は一般的には、たくさんのカード会社に入っていますが、不便ですが全ての店舗で全てのタイプのカードが決済できるわけじゃありません。西暦和暦早見表

一例をあげると古いショップの場合にはJCBマークの入っているそのクレジットカードしか決済不可なときもありますし、最近できたショップだとビザとかマスターカード印の書いたやつのみしか切れない場合もあります。システムエンジニア 年収

ディスカバーなどのクレジットカード会社の場合増して切れないお店が多いでしょう。アヤナス購入前情報

どの印のクレカが決済可能かというのをどこで見分けると良いのか?「それじゃどのようにしてどの所有クレカが使用できるかを見分けたら良いのか?」というと、確実に見るのには該当店の誰かに尋ねてみるしかないていうのが実のところ正しい回答です。カイテキオリゴ 過敏性腸症候群ガス型

だが多くのお店や料亭には加盟店の分かりやすい場所に決済可能なクレジットカードの印がプリントされている認証マークがあるんで「そうか、あそこの店はアメックスが使用できるんだな」といった感じで困らないようになってるから確認してほしいと思います。

いっぽうで、正しく確認が行き届いていない加入店で用いる際にはロゴマークが掲げられているショップでも「うちではお客様のクレカはご使用いただけません」といった案内を受けてしまうなどという状況もないといえなくもなくメンツをつぶされてしまうこともなくもないですね。

余裕があればできる限りはより多くのショップで使用できるようにする目的で、別の会社(国際マーク)が書かれている一般的なVASA、MasterCard、JCB、ダイナースカード、ライフカード、といったクレカを複数枚財布に入れておくようにするとよいでしょう(例:セゾンカードをいつも使っているなら次はディスカバーカード付帯のカードを使用するなど)。

特に国内ではVISA、マスターカード、JCBの3つの契約が入ったクレジットカードをそれぞれ持っておけば、おおよそ日本各地の契約店舗でいずれかのクレジットカードを提示することができます。

クレジットカードを使いこなして効率的にマイル取得を継続していくには確実に少なくともこの3枚のクレカを使えるようにしておいて損はないと思います。

コンテンツメニュー

    Link