テレビのニュースをみていると

「スプレッド」とは外国為替証拠金取引は二国間の通貨を取引して収益を狙う取引です。浮気の本気度

買ったり売ったりの価格は、いつも動いています。キャッシング 電話確認なし

それが為替レートです。おすすめ コンブチャ

テレビのニュースをみていると、ドルやユーロの為替レートの話題が流れる場面があります。ボニック

例としてあげると、「今のドル相場は80円50銭から52銭で取引されています」という風にです。HMBサプリメント

これは80円50銭から80円52銭の幅の中でトレードされているという事を表しているのではなくドルを買うときには80円52銭、売るときには80円50銭ということを表しています。

すなわち、外為取引には買値と売値の2つの価格が存在している事を表しています。

売値、買値ではなく、BID、ASKと表示するFX業者も存在しています。

普通は売値の方が買値よりも安い価格に設定されています。

あなたが買値は高く、売値は低くなります。

その差分をスプレッドといいFX業者の利益といわれています。

スプレッドの広さはFX業者によって変わります。

スプレッドの差は利用者にとって出費になるので、狭い取引会社を選んだほうが得します。

ただ、同じ取引会社でも局面によってはスプレッド幅は変動します。

例として平常時はドル円のペアで1銭のスプレッドの広さだとしても、市場の上下動が激しいケースでは1銭よりも大きくなったりする場合があります。

ですから、スプレッドが低いのと共に安定している事が大切です。

近頃では変わらないスプレッドの差を見せる業者もいろいろ存在しています。

実際にFX取引会社の注文画面の上で本当の市場を調べなければ区別できないので手間がかかりますが大事な事です。

多額の投資資金を投入して売買するのだから、実際の売り買いの前に気になるFX取引会社の新しい口座開設を試して、スプレッド幅を知っておきましょう。

同じ外貨でも、そのときの為替の条件によってスプレッドの差は変わることがあります。

たいがい、インターバンク市場で流動性の高い米ドル/ 円やユーロ/ 円、ユーロ/ ドルではスプレッド幅が狭く、それ以外の通貨ペアではスプレッドが大きくなるのが普通です。

コンテンツメニュー

    Link