わかるようになり買いポジションか売りポジションか

FXに関しての興味深いところは、一つの金融商品あるにもかかわらず資金投下の期間を「短期投資」「中期投資」「長期投資」という3つの中からどの種類をセレクトするかにより、投資の手だてがまったく違ってくるという点にあると言います。80-11-122

最初に外国の貨幣へ投資の「長期スタンス」について考えよう。80-8-122

長期は一年以上の長期投資を原則としているのです。80-7-122

だいたい為替レートにおいては、一年以上も先の為替相場は円高なのか、逆に円安かどうかを連想するということは、まず難題だと思います。80-9-122

ほとんどのケースでは、「後々の動向は予知できない」と思うのが本音かと思います。80-19-122

予測もできないのになんとか考えようとしたところでそれは意味のないことなのです。80-2-122

そのため外貨を買った場合、そのタイミングでの買いレートよりも円高でも、その差損分はそのうち円安になるはずだくらいの意識で取引に挑むのが良いでしょう。80-13-122

儲けを熱心に求めるよりも、他からの収益言うなればスワップポイント(異なる通貨間の金利格差)で利益を上げるということを、第一のゴールということにして投資しましょう。80-17-122

当然のことながら、為替変動の影響で損が非常に大きく膨らんでしまうこともあります。80-10-122

よって、このようなマイナスが大きくなっても耐えうるよう、レバレッジを必要最小限に設定することは重要です。80-6-122

FXは損がある範囲以上増大してしまうと追加保証金が必要になったり、損切りがかけられたりします。

ストップロスになったら、売買を打ち切りする必要があり、長期の投資がダメになります。

こんなリスクを回避するためには、レバレッジ(元の資産より大きなポジションを取る事)を2?3倍あたりでやり取りするのが良いでしょう。

2番目に中期の取引に関してです。

中期の投資のケースでは1?2ヶ月ばかり経った頃を想定しての売買になります。

為替のトレードの時は、およそ1ヶ月ほど先のことであればある程度、予測しやすいと思われます。

先進7カ国蔵相・中央銀行総裁会議(G7)のような各国の論議やマーケットに参加している人たちがどういうテーマに興味を持っているかを見ればだいたいの場合予測できるはずです。

こんな経済情勢をチェックしつつチャートをチェックすることによって、為替相場の動向をわかるようになり買いポジションか売りポジションかを見極めるのがいいと思います。

基本的に経済の状態とジャッジの両面で良い方向でありあるいは買い傾向が同じであればまずそのまま行くと考えて問題ありません。

その時は持ち高を増やすことによってもっと大きい儲けを手に入れられると思います。

第三に短期スタンスの重要点です。

ここでいう短期のスタンスとは、言い換えればデイトレードを示しています。

為替でデイトレをする時は経済の状態は全然絡んでいないと明言していいです。

なぜかというと明日の為替のレートの変化にファンダメンタルズ(経済の基礎的条件)は絡んでいないからです。

この時の最大のカギは目を引く催し物があると、それにより為替レートが目立って変化するチャンスを見過ごさないよう取引しましょう。

例としてアメリカで雇用情勢が公表される、それとも金利政策等により制作金利が変動するような催しごと。

こうしたチャンスに変動を見過ごさないとの理由から、短期スタンスは多種の知識が必要になる。

コンテンツメニュー

80-16-122 80-14-122 80-15-122