3割の勝ちの儲けの大きさだけで相当儲ける事が出来ます

FX投資初心者の方が市場の要を見つけるには、最初に学習を積んでいく事が不可欠です。

とりわけ、直前に危険性を感づくようになるためには負けをすることも経験のひとつです。

もちろん、マイナスになるといっても元に戻せないほど決定的なミスをしてはいけません。

取り返しが付くケアレスミスを経験することが、結論としてあなたの経験値を高めてくれるはずです。

そう考えるとまずは少額資金でトレードを行ないそれによって何回か小さな損をすることを推奨します。

仮に、100万円だけしか投資資金がない方が、最初から100万円を全額つぎ込んで売り買いすると、失敗した時、永遠に元に戻せないリスクがあります。

それより、たとえば資金の10分の1ずつ分けて売り買いして、それによって売り買いを積み重ねた方が少しずつ失敗を埋め合わせる方法なども身についていくはずである。

少額資金でエントリーする事の有益なところは先ほど書いたように、経験を増やし、失敗をコントロールする術を身に付けていく事にありますが、同時に、注文の回数を増やして、不確実性を削減する事ができるという良いところもあります。

一例として、1度のトレードで利益を上げられる可能性が50%だと考えます。

すなわち、同じ確率でマイナスになるリスクもあるということになります。

勝率5割ということは。

2回に1回の割合で利益が上げられる事を意味しています。

ところが、全財産をつぎ込んで売買をするということは勝つか、負けるかのどちらかになってしまいます。

このままではたんに賭けと同じです。

つまり、全ての資金をつぎ込んで1回こっきりの勝負しないと、その分だけ大損する確率が高まってしまいます。

そのため、投資するお金を全額投資するのではなくいくつかに分割して、機会を多くすることがリスクコントロールとなります。

また数回に分けたとしても全部に利益を出す事は大切ではありません。

と言うよりは、全部は勝てないのが現実だ。

勝負で必要なのはいくらプラスに出来るかです。

勝ち負けが同じでも例えば勝率が低くてもプラスにする事は出来ます。

5割以上負けてもマイナスが小さければ、3割の勝ちの儲けの大きさだけで相当儲ける事が出来ます。

そのためには、マイナスを少なくして、プラスを大きくする事を心がけることです。

損失が生じたらすぐに損切り注文して、反対に利益を上げられる場合はなるべく大きくプラスにする事がFX投資初心者がFX取引で勝利するための手段です。

コンテンツメニュー

    Link